WP Multibyte Patch – WP デフォルトプラグイン

WP Multibyte Patch – WP デフォルトプラグイン

Windows や Macintosh,Movable Type や facebook など、多少ジャンルは違えど世界中で爆発的にヒットする IT サービスは、その大部分が欧米発祥です。その例にもれず WordPress もアメリカで誕生しました。

というわけで、こういう類のものは英語( 1 バイト文字)で使用することが前提として作られています。アジアなど 2 バイト文字を使用している国々でサービスを展開するには、必ずローカライズ(翻訳)という作業が必要となります。

しかし、元々が英語などの 1 バイト文字で使用することが前提となっていますので、どこかに必ず ひずみ が生まれます。

そのひずみで有名なのは、Windows のユーザー名です。 ユーザープロファイル作成時に、ユーザー名を日本語で設定してしまうと、ソフトウェアによっては正常に動作しません。最初はユーザー名をアルファベットで作成し、その後、日本語に変更すれば問題は発生しません。

WordPress も例外ではありません。

その日本語特有の問題を修正するのが、WP Multibyte Patch です。日本語で WordPress を運営する場合は必ず有効にしましょう。

WP Multibyte Patch の設定方法

1. WordPress の管理画面にログインし、左側メニューにある [プラグイン] をクリックします。

[プラグイン] をクリックします。

2. インストールされているプラグインの一覧が表示されますので、WP Multibyte Patch の下に表示されている [有効化] をクリックします。

WP Multibyte Patch の下に表示されている [有効化] をクリックします。

3. 以下のように表示されれば、WP Multibyte Patch は有効になっています。

WP Multibyte Patch 有効化完了

WP Multibyte Patch で修正される問題

WP Multibyte Patch を適用すると、以下の問題が解決するそうです。WordPress 日本語公式サイトにくわしく書かれていますので、ここでは項目のみピックアップしました。(2011 年 3 月 2 日現在)

【文字コードに関する問題】
  • UTF-8 以外の文字コードからのトラックバックの文字化け
  • UTF-8 以外の文字コードからのピンバックの不具合
  • メールの文字化け
  • マルチバイトファイル名の変換
【文字数カウントに関する問題】
  • 抜粋の不具合
  • 投稿画面の不正な単語数カウント表示
【日本語特有の文字に関する問題】
  • 検索での全角スペース無視

参考:WordPress 日本語公式サイト – 日本語・マルチバイト特有の問題

トップ画像

サイト名 :「素材屋405番地」
U R L : http://sozaiya405.chu.jp/405/
使用フォント:みきゆフォント 毛筆体

更新履歴

2011/03/02 新規投稿
2015/04/05 加筆・修正

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

VMware Player

2015-4-5

VMware Player のセットアップ

アーカイブ

ページ上部へ戻る